標準治療

カテゴリー

癌の治療においては、手術にせよ化学療法治療にせよ、「標準治療」という言葉が使われる。

標準治療とは、科学的根拠に基づいた観点で、現在利用できる最良の治療であることが示され、ある状態の一般的な患者さんに行われることが推奨される治療をいいます。
一方、推奨される治療という意味ではなく、一般的に広く行われている治療という意味で「標準治療」という言葉が使われることもあるので、どちらの意味で使われているか注意する必要があります。なお、医療において、「最先端の治療」が最も優れているとは限りません。最先端の治療は、開発中の試験的な治療として、その効果や副作用などを調べる臨床試験で評価され、それまでの標準治療より優れていることが証明され推奨されれば、その治療が新たな「標準治療」となります。

引用元:国立がん研究センター

この標準治療という言葉を聴いて、

「松竹梅の梅?ではもっと良い治療があるのでは?お金ならいくらでも有るから・・・」

と言う人もいる。
上記のとおりで、標準治療とはその時点での最良の治療であって、料金控えめの「スタンダードプラン」「梅治療」ではない。

国民皆保険制度で、さらに高額医療保障制度が確立されているこの日本で、医療費だけに関していえば、標準治療を経済的理由で選択できないことは無い。
ただ、治療中に休職するため、長期の休職で経済的に困窮することは有るが、治療費のみでいえば、費用の捻出は心配要らない。
「でも、100万かかったら3割負担だと一旦30万払わないといけないんじゃないか?」
と思うかもしれないが、それはずっと以前の話で、現在では、申請すれば、自己負担金も一旦払わなくても良いシステムもある。

出典元:PhotoAC

ところで話は全く違うが、癌は金の棒で身体をこすっても消えない・治らない。まじない師が拝んでも、健康食品を食べても消失しない。
もし仮に癌がまじないや健康食品で消えてしまって治ったのなら、その癌の診断自体が間違いである。
奇跡は起きないから奇跡である。もし起きたとしたらそれは奇跡ではなく、単なる間違いか、必然である。

胆管癌が見付かって、6ヶ月間も金の棒で身体をこすって、6ヵ月後にやっと標準治療の手術を受けることが女優魂なのか?宗教と医療を同じ土俵で語ってほしくはない。

Count per Day
  • 41現在の記事:
  • 4452総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
  • 187月別閲覧数:
よろしければシェアしてください