無診察治療では?

カテゴリー
大手薬局2社、店舗で医薬品不正販売 対応マニュアル化

ドラッグストア大手2社の店舗が、医師の処方箋(せん)を持っていない患者に不正に医薬品を販売していたことがわかった。北海道にあるツルハの店舗では約10年にわたって行われ、患者への対応をマニュアル化して薬局内で共有していた。ツルハによると、北海道小樽市の「ツルハドラッグ小樽店」は2004年9月ごろ~2014年5月ごろ、処方箋を持っていない患者に対して、脳梗塞(こうそく)を予防する薬や血糖値を下げる薬などを販売していた。同じビルにあるクリニックが休診の際、診察が受けられない患者の求めに応じていたという。

引用元:朝日新聞DIGITAL

コレは薬局の問題ではなく、医師の問題だと思う。
薬局はどうあがいても医師の処方箋が無ければ、保険請求できない仕組みになっている。
なので、この事例は、休診時に来院した患者が薬局の窓口で必要な薬を申請し、その薬を受け取り、後日に医師が処方箋を切っていたということ。
だから、処方の日付を医師が後日に改ざんしていたか、もしくは、休診日の日付で後日に医師が処方箋を切ったかのどちらか、もしくは、医師の知らないところで、薬剤師が処方箋を偽造していたか、のいずれかである。

休診日に受診した患者に、医師の診察無しに処方をするのはやさしさでも何でもない。
患者と薬剤師の双方のエゴである。

ということで、医師法違反、少なくとも健康保険法もからんで、医師の保険医の登録の抹消か一定期間の保険医の資格停止の処分が妥当である。

Count per Day
  • 23現在の記事:
  • 4450総閲覧数:
  • 9今日の閲覧数:
  • 185月別閲覧数:
よろしければシェアしてください